本当のお香は香木

私達が一般的にお香と言ってるのは練香と言って粉末を練って生成したものなんですけど、その香料の元になってるのが香木です。
MENU

本物のお香を知りたいなら香木を体験してみよう

香木

香木っていうのはその名の通り香りを出している木の事で種類としては伽羅(きゃら)・沈香(じんこう)・白檀(びゃくだん)があります。どれもお香を使った事がある人なら知ってる事が多い香りですね。

 

その中でも伽羅と言うのが最高級でお香に興味を持ったら一度は試してみたい香りです。でもすごく高級品なんですよ。伽羅の値段がどれくらいか知ってますか?

 

私は軽い気持ちで買おうと思って通販サイトを見たら値段が予想外過ぎてちょっと笑ってしまいました。

伽羅の値段を見てみる

 

1gでこの値段ですよ、驚きますよね。伽羅なんかは戦国時代の武将織田信長なんかにも好まれて使われたそうです。

 

通販で割りとお手軽に香木が買えるんで試してみようって方もいると思うんですけどちょっと待って下さいね。実は香木は普通のお香みたいに直接火を点けるわけじゃないんです。そんなことをすると焦がしてしまって本来の香りが出なくなるんですよ。

 

だから香道で使うような香道具が必要になってきます。

香道とは?

 

そうやって正しい作法が出来て初めて本来の香りが楽しめるわけですね。ちなみに香木の販売形状には種類があって刻んでたり板状だったり粉末だったりします。

どんな香木があるのか見てみる


このページの先頭へ