お香の種類ってどんなの?

お香の種類ってどんなものがあるのか知っていますか?種類別の特徴をわかりやすく解説します。
MENU

お香の種類はいろいろあるけど一般的なのは火をつけて使うタイプです

お香のイメージといえばやっぱり火をつけて煙をあげてる様子を思い浮かべますが実は火を付けないタイプのお香もあります。

 

どんなお香があるかを紹介します。

 

火をつけて使うタイプのお香

線香・スティックタイプ

スティックタイプのお香

一番一般的で線香としても広く使われているタイプです。線香とお香の違いは仏事に使うかどうかだけで物自体は同じです。
いろいろな長さの商品があり、その長さによって燃焼時間が変わってきます。当然長いお香の方が燃焼時間も長くなります。ただ長いものに関しては折って使うこともできるので自分で燃焼時間を調整できるので便利です。
燃える面が常に一定なので香りの広がり方も均一になります。一番使いやすいタイプです。

スティックタイプのお香を見る

 

円錐型(コーンタイプ)

コーンタイプのお香

見た目のイメージは漫画などに出てくるお灸のような感じです。
円推の先端に火をつけて使います。スティック型と違って燃えた後の灰はそのままの形で残りますので、灰が散らばる心配がありません。
香りの広がり方としては燃焼面が下に行くほどに香りが強くなっていきます。一気に香りを強く広げたい場合に最適です。

コーンタイプのお香を見る

 

渦巻型

渦巻きタイプのお香

蚊取り線香と同じ形ですね。このタイプの特徴といえばやっぱり燃焼時間の長さでしょう。長時間香りが広がるので部屋が広い場合は、風通しが良い場所での使用に適しています。
途中で消したい場合はスティックタイプと同様に折ってしまえば大丈夫です。
風通しの良い部屋などで長く使いたい時に便利です。

渦巻タイプのお香を見る

火を使わず常温で楽しむお香

匂い袋

匂い袋タイプ

小さな袋にお香を小さく刻んで匂いを調合した物を入れて使用します。
香水が苦手な方などはこれを持ち歩けばほのかに香るので代わりになります。その他にはタンスに入れていたりなど、衣服へ香りを移したりもできます。
香りの種類によっては防虫効果も望めます。

匂い袋を見る

 

お香スターターセット購入

このページの先頭へ